{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

『hakoniwa』eiji trio band [CD]

残り3点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

メンバーはピアノ&シンセサイザーの家口成樹とドラムスの山本達久。この3人のミュージシャンが織りなすトラックは幅が広い! 前半は前作までとはまったく違うアンビエントなサウンドから始まりダンサブルな曲へ。そこにゲストの3人の歌い手が曲ごとに各々の世界観を発揮しています。トラックと言葉の相性が三者三様、秀逸です。必聴! ALL SONGS WITTEN BY EIJI SUZUKI eiji trio band eiji E.Bass / w.BASS / Syn.BASS Shigeki IEGUTI Piano / Synthesize Tatsuhisa Yamamoto Drums Guest Musicians Bear Sing J Roy ブギ丸 ローホー(RowHooMan) Set List 1.Moon Shot 2.Bridging the Distance 3.hakoniwa 4.I and I feat.ブギ丸 5.True Love feat.Sing J Roy 6.帰り道 feat.RowHooMan EIJI SUZUKI 伊藤広軌(山下達郎BAND)、宮下智、両氏に師事。 1998年兄弟ユニット『SPANOVA』のサポートとしてキャリアをスタートさせる。 2000年初頭から日本を代表するJAMBAND『DACHAMBO(ダチャンボ)』のベーシストとして9枚のALBUM、3つのDVD作品をリリース。 2005年より『FUJI ROCK FESTIVAL(出演8回)』『RISING SUN ROCK FESTIVAL(出演4回)』に代表される全国数々のロックフェスに出演。また、この時期より海外FESTIVALからオファーを受けるようになり、これまでにアメリカ(3度)、オーストラリア(4度)と海外ツアーを成功させる。 2008年ペインティングユニット『gravityfree』×アウトドアシューズブランド『KEEN』とのコラボマイクロBUSに乗り毎年全国ツアーを回り始める。 2010年 Dachambo 5th ALBUM『イロハナ』発売時、Yahoo!!NEWSにて『FES番長』と評される。 2011年 バンド主催『D.I.Y』イベント『HERBESTA’11』で制作、運営、出演の3役をこなし、1万人以上を集め大成功をおさめる。 2012年からは、シンガーソングライターとしての活動を始め4枚のALBUMを発表。 シンガーとしても『FUJI ROCK FESTIVAL’14』『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』に出演。 2016年より、梶原徹也(ex.THE BLUE HEARTS)とリズム隊を組み『FRYING DUTCHMAN』に参加。 2017年 アメリカの6万人規模のBIG PARTY『Oregon Eclipse』メインステージ出演。 その流れから『Burning Man2019』に日本人BANDとして初めて招待され出演。 2019年 アメリカ『Joshua Tree Music Festival 2019』に出演。 2020年 秋公開予定の映画『鬼ガール』の音楽を担当。