{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

『ダムネーション』|パタゴニア制作[DVD]|2014

残り1点

¥4,400 税込

送料についてはこちら

ダムは今でも本当に必要? アメリカでダムが及ぼす影響が広く知れ渡るようになった”きっかけ”にもなった人々の活動を切り取ったドキュメンタリー映画。 アメリカ全土には7万5千基のダムがあり、それらの多くは、川を変貌させ、魚を絶滅させ、生態系を破壊している。それにもかかわらず、期待される発電・灌漑・洪水防止のいずれにおいても低い価値しか提供しておらず、ダムの維持には高い経済的コストがかかっている。そんなダムを撤去する選択がアメリカでは現実になり、ダム撤去が当たり前に語られるようになるまでに、「クレイジー」と言われながも川や動物、環境本来のあり方を求め続けてきた人びとの挑戦を写した映画。 87分/アメリカ/英語/ 2014年 提供:パタゴニア   制作:シュテッカー・エコロジカル&フェルト・ソウルメディア 製作責任者:イヴォン・シュイナード プロデューサー:マット・シュテッカー&トラヴィス・ラメル 監督:ベン・ナイト&トラヴィス・ラメル Patagonia(パタゴニア)は、クライマーとサーファーが集まってスタートしたアウトドアブランド。シンプルさと実用性に徹したデザインを追求した製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑えている。また、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行しています。