{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【数冊限定 山田正彦さん直筆サイン入り!】『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』山田正彦[著]

残り3点

¥1,650 税込

送料についてはこちら

TPP協定がゾンビのように蘇った。 より危険度がアップしたTPP11の正体を 元農林水産大臣・山田正彦さんが語り下ろし! 1万3千字を緊急追加!! このままでは日本は破滅する! 国民は本当のことを知らされていない!! TPP反対派の急先鋒である元農水大臣の山田正彦氏が、専門家たちによる分析チームを結成して、6300ページにわたるTPP協定文書を精査。 内容からわかった衝撃の真実!政府に国民は騙されている。 政府の説明や既存の報道とは大きく異なる、TPPの恐怖や問題点を「農業」「漁業」「医療」「食の安全」「公共事業」など、分野別に解説。 2人の米大統領候補までもが揃って反対し、秋の国会では大きな争点になるであろうTPP批准論争を前に、国民が知るべき情報をまとめた一冊。 幸いにしてTPP協定はアメリカが批准せず、途中で頓挫してしまいました。 わたしたちはこれで安心だと胸を撫で下ろしていたのですが、 TPP推進派の執念には凄まじいものがあり、 2017年11月にアメリカ抜きの11ヶ国による協定TPP11として復活したのです。 そして、2018年3月、TPP11は南米チリにおいて11ヶ国による署名式が行われ、 早ければ年内にも発行するのではないか、という声も聞こえてきました。 驚いたことにTPP11を積極的に進めたのは日本政府でした。 TPP協定によって最も打撃を受けるのは日本なのに、 その日本が率先して、この協定をまとめていったのです。 (山田正彦 本文章より) 目次 TPP11阻止のための緊急提言の増補にあたって 山田正彦元農林水産大臣緊急インタビュー はじめに 第1章 米国ではTPP協定を批准できない!各国の複雑な状況 第2章 日本の農業はTPPでどう変わるか 第3章 TPPで日本の漁業はどう変わるか 第4章 食の安全が脅かされる 第5章 私達の医療はTPPでどう変わるか 第6章 国有事業と公共調達 第7章 ISD条項で国の主権が損なわれる 第8章 TPPは何のメリットもなく、むしろ雇用を失う 単行本(ソフトカバー): 328ページ 出版社:サイゾー; TPP11対応 増補版 (2016/8/6) 発売日: 2016/8/6 ※STOP TPPステッカー(小)の色はこちらでお選びいたします。 店主コメント※2016年当時のコメントです。 アメリカも批准できないTPPを、率先して批准しようとしている日本政府。 9月後半からの国会で、批准する向きにあるようです。「改憲問題もだが、TPPの問題こそまさに憲法問題だぞ。君たち若い人が動かなければならないよ!」 米国はじめ世界各国でロビー活動、デモ(ブルネイ王国のデモでは不敬罪で拘束)を展開してきた元農林水産大臣、山田正彦さんにハッパをかけられました。自民党の皆さん、公明党の皆さん、 国際的な超大企業のカルテルに、国を売り渡すつもりなのか、 それとも勉強不足で何もわかってなくて騙されてるのか、 のどちらかです。 考え直してください。 (店主)参考:三宅洋平ブログ 【TPPについて、この対談が分かりやすかった。】 http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12199510939.html 【特別対談】山田正彦×三宅洋平 「誰でもわかる!TPPのココがおかしい」 山田正彦さんのご紹介山田正彦(やまだ・まさひこ) 元農林水産大臣、弁護士。日本ペンクラブ会員。1942年4月8日長崎県五島市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、新聞記者を志すが、結核だったことが発覚して断念。司法試験に挑戦し、1969年に合格するも法曹の道には進まず、故郷の五島に戻って牧場を開き、牛400頭を飼育、豚8000頭を出荷するようになる。その後、オイルショックによって牧場経営を断念、弁護士に専念し、主にサラ金問題に取り組む。四度目の挑戦で衆議院議員に当選。2010年6月、農林水産大臣に就任。現在、TPP批准阻止のため、精力的に活動中。