{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

『三宅洋平〜選挙フェスのつくりかた』岡田哲扶[著]

残り3点

¥1,540 税込

送料についてはこちら

未曾有の大震災を経験した日本。その後の粗末な日本政府の対応に1人の若者が声を上げた。 三宅洋平(34) 職業:ミュージシャン 有名でもない、資金力もない、そんな彼が参院選に立候補し、17万という空前絶後の票を得る。それまで政治に無 関心だった多くの人々に、とことんまで話しあうことの大切さを伝え、共感を得た結果である。それまでの選挙運動の概念を根本から変えた「選挙フェス」と呼ばれる、音楽の力を使った彼の選挙スタイル。たった1人の人間がどうやってこの伝説に残るムーブメントを起こしたのか? 彼を最も近くから支え続けた選対本部長岡田哲扶がその一部始終を執筆。また、17日間の選挙フェスの全日程を同行した写真家伊藤愛輔の撮りお ろし写真が満載! 知ってほしい。選挙はもっと身近で誰でも立候補できるんだ! 著者紹介 1991年喜納昌吉のマネージメントOFFICE (有)チャンプルーズ入社。1992年喜納昌吉&チャンプルーズと共に活動するエイサーチーム「うるまエイサー」結成。喜納昌吉&チャンプルーズのライブ、レコーディングなどに参加。また与論島、沖永良部島、宮古島、鹿児島などでエイサーを指導。各地にうるまエイサーの支部を創設。1996年アトランタオリンピック公式文化イベントには、喜納昌吉&チャンプルースとともにエイサー隊100人を率いて出演。他にも「サバニ・ピース・コネクション」、「白船」、「戦争よりも祭りを イラクピースアクション」など喜納昌吉氏発案の平和ムーブメントを事務局を担う。さらに、喜納昌吉氏の参議院議員在任中は公設秘書も務めた。2013年参院選に立候補した三宅洋平の選対本部長として「選挙フェス」をオーガナイズ。現在、日本アーティスト有意識者会議(NAU)事務局長。